ブログ|浦添市港川で歯科をお探しの方はフジ デンタルクリニックまで

098-875-4473
〒901-2134
沖縄県浦添市字港川254番地 ピーズタウン内
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー

2022年1月16日

僕は太っている(80㎏ちょい、サバ読みで)くせに、量が飲めません。
沢山は飲まないのですが、チビチビと飲むタイプ。

そしてチョコレートやポテチが好き。

昨年一年間で開いたウイスキーの蓋をコレクションしていました。
結構な量になるんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の肝臓大丈夫でしょうか・・・。

 

 

2021年11月13日

3年ほど前からウイスキーにはまっています。

元々ビールよりワインが好きで好んで飲んでいました。

僕は量が飲めないのです。

一言でいうと、お酒に弱いw

ワインは開けたら飲み切り。

結局飲む機会が減り、ウイスキーになったわけなのですが。

これがドハマり。

 

蘊蓄を語るのが好きな僕にはドハマり。

というわけで現状ウイスキーマニア。

 

 

昨日とあるバーで飲ませていただいたヘネシーナジェーナ。

ゲール語で渡り鳥。

 

ヘネシーと言えばブランデーなのですが、これはそのブランデーのヘネシーが手掛けたウイスキー。

簡単な蘊蓄はイギリスの圧政により苦しんだアイルランドの若者がフランスに渡りブランデーを作り出した。

その中にはヘネシーもいた。

フランスでコニャックを作り、200年。

その技と歴史が詰まった望郷の思いのあるウイスキーです。

まぁ珍しいと思ってください。

 

そして、終売品

20年前の2000年ごろにはもう終売となり世の中には在るだけとなっています。

この機会に飲まなければ一生飲めないと思いました。

 

ウイスキーは歴史を感じさせる飲み物と思います。

美味いの一言では語れません。

酔うためのお酒ではないと思います。

 

ごちそうさまでした。

 

 

2021年11月2日

皆様休日はいかがお過ごしでしょうか?

 

昨日は久しぶりに休日を満喫させていただきました。

とはいえ午前中は別件仕事でしたがそれでも楽しく過ごせています。

 

午前中

事務所のカギの受け渡し&採寸

メジャーが壊れる・・・こんなことあるのか?

 

 

スイッチでゼルダの伝説
一時間ぐらいで3D酔いをする。

 

夕方

ニトリで事務所の机類を購入。

 

久々に来たのでアウトレットを散策。

誰もいない・・・。

 

夕食

ビールがうまい。

 

 

帰宅

ゼルダの伝説をやって、Youtubeみて寝る。

 

おっさんお休日みて楽しくはないのでしょうが、たまには・・・。

2021年8月25日

僕の考え。活動の一環としてお菓子を色々なところにお配りしています。

その中で、本日わざわざお礼に来ていただきました。

 

NPO法人ライフサポートてだこ さん

障がい児デイサービス こっこ さん

 

お忙しい中ありがとうございました。

 

2021年8月17日

沖縄県では緊急事態宣言が伸びており出かけることがほとんどなくなりました。

僕の夏の楽しみの一つであるダイビングができなくなり寂しい思いをしております。
やることといえば、自宅にYoutubeを見ているか、ゲームしているか、酒を飲んでいる不健康な休日です。

久々に学生時代に読んだ本を引っ張り出し読書と洒落込みました。

 

本日はお酒は無しです。

 

 

本のタイトルは深夜特急。

もう知らない人はいないかと言うぐらいバックパッカーのバイブル。

この本はインドのデリーから乗合バスでロンドンに行ってみたい。
その思いたちで、仕事をやめ今の生活を放り投げて行動した「私」の物語です。

1986年刊行の小説なのです。

 

僕がこの本を読んだののは2002年。

私歴でいえば、歯科医師になった年でした。

当時、外来診療のない基礎講座に在籍しており仕事をサボるために図書館に入り浸っていました。

その中で見かけた1冊でした。

というか全3巻の膨大な小説の1部です。

 

話の内容は簡単にいえば主人公がバックパックをしながらロンドンに到着した。

 

身も蓋もなく言えば以上ですが、当時の僕には憧れと強い嫉妬がありました。

ただ単純に羨ましい、全てを投げ打ってのバックパッカー。

 

お前、将来どうするねん。

 

そういった感情だったと思います。

歯科医師になって基礎を選んだ自分と対比してなぜか悔しさがありました。

 

自分は大学院に行き分子生物学を専攻し博士号を取り基礎の道を歩みました。

が、なぜか臨床医として方向を転換(?)し現在に至ります。

 

自分語りが多くなりましたので元に戻します。

 

この主人公の選んだバックパッカーとしての旅行記は非常に吸い込まれる話です。

作者の沢木先生の文章も非常に読みやすいものです。

本当にいい作品です。

このコロナ禍では外出ができなく、色々な実体験ができません。

Youtube も非常に面白いのですが、読書という形で旅行記を読むのも一興と思います。

 

よければ読んでみてください。

 

沢木耕太郎 深夜特急

1 2 3 4 5