ブログ|浦添市港川で歯科をお探しの方はフジ デンタルクリニックまで

098-875-4473
〒901-2134
沖縄県浦添市字港川254番地 ピーズタウン内
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー

2022年7月27日

コロナ感染症が増えていますが、今回はあえてサル痘のお話です。

 

サル痘てどんな病気?

サル痘ウイルス(Monkeypox virus)によって感染します。

発熱や発疹、リンパ節の腫れなどが見られる。

致死率は低い。

潜伏期間は7日~21日程度。

人から人への感染はまれではあるが、体液や飛沫などで汚染された寝具などにより感染があり得る。

 

少し調べてみました。

1970年代にザイール(コンゴ共和国)で初めて報告されました。その後はアフリカを中心として発生し、アフリカの風土病として認知されてきました。

日本では現在のところサル痘における感染者の報告は2022.7.25に1症例となっています。

アジア県内で発生が非常に少なく、日本で1症例のみとなっています。

(今後の増加については不明です。)

WHOは7/23に『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』と宣言しました。これは2020年に新型コロナウイルス感染症に対して出されたものと同様です。

 

WHOの見解として緊急事態とありますが、サル痘は比較的コントロールしやすい感染症と考えられます。それは天然痘ワクチンが有効(85%以上)とされているからです。

ウイルス研究者の間では1974年以前の出生者は天然痘ワクチンの予防接種を受けているため殆どの割合で発生予防効果があるとされています。

天然痘ワクチンによって約85%発症予防効果があるとされています。

 

僕は1977年生まれで予防接種を受けていません。

 

国内では天然痘ワクチンは製造されていますが、バイオテロなどの緊急事態が起きたときなどを含めた備蓄用とのことです。

サル痘の予防接種ワクチンとして認可が下りるかは不明です。

(サル痘では国内利用可能な薬事承認された治療薬はありません。)

 

国内で発生がありましたが、日本の医療は十分に対処できます。

ワクチンに関しても、研究に関しても最先端を行っていると思います。

正しい知識をつけインフォデミック(不確かな情報の流布)が起きないように冷静に対処するころが一番だと思います。

2022年4月28日

三浦瑠璃さんが『脱マスク』に関してコメントをツイッターやTVなので発信しております。

僕は、すごく細かく見ているわけではないので情報不足や見当違いの発言があったら指摘をお願いします。

素材の問題などもあるでしょうが、マスクの有効性は非常に高いと信じています。

これを疑っている医療従事者はいないと思います。

日本が誇るスーパーコンピューター『富岳』のシミュレーションでもマスクの効果は非常に有用とデータとして出ています。
科学的根拠といったところでしょう。

また、Lancet Public Health掲載論文によると『マスクの着用が、経済的な点でも損失を小さくする』といった非常に興味深い論文があります。

 

本当に色々と意見はあると思います。
2019年以前のような生活がしたいですし、マスクに関しては自由でした。

しかし、

自らを守るだけではなく、家族や他者を守ることを思って行動をとりたいと僕は思います。

コメンテーター氏の意見はどうも腑に落ちない感じがしてブログにいたしました。

読まれた方ご意見があればください。

 

2022年1月1日

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

新年早々暗い話で申し訳ありませんが、コロナ蔓延について思うことがありブログに記載しようと思います。

大学院にて分子生物学を学んでいた時、バイオインフォマティクスの先生からこんな話を聞きました。

 

『変異は一定まで行くと加速する。』

 

いい方向に加速する場合は重篤化されない。

悪い方向に行けばスーパーになる。

 

といった考え方です。

 

 

 

オミクロンの様な速いペースで蔓延するもの+デルタのように重篤化率が高いもの。

 

これが心配です。

 

こんなことが起こるはずはないと思うこともありますが、僕は可能性を否定できません。
非常に怖い部分があります。

 

自らを守るのは自らでしかありません。

新年早々ですが、今年もコロナに注目し感染予防対策に気を入れていきたいと思います。

 

 

2021年11月12日

患者さんより抜歯した親知らずをブログのために提供していただきました。

ありがとうございます。

まずは断面図を見てください。

むし歯って、混ざり合っていますよね。

ここからここまでがむし歯。

ここからここは健康。

と、きっちり分かれていません。

混ざり合っている部分が厄介です。

このような場合、

あまり痛みを感じないことが多いです。

小さいむし歯だと思っていても、削ってみたらびっくり・・・。

このようなことがあります。

 

痛くないのに神経を取る?

それとも自費的治療で神経を保存(残す)?

このようなことになります。

 

僕はむし歯を全部取る(結果、神経を取る)ことがベストとは思いません。

しかし、写真で見るように虫歯は神経に到達しています。

痛みの自覚症状はありません。

いつか、むし歯が進行して神経に到達します。

その時が痛いのです。

僕にも経験があります・・・。

 

フジデンタルクリニックでは、患者さんに相談し方針を決めています。

神経を取るとらないの選択肢は患者さんにあります。

勝手に進めることはありません。

神経を取り治療するのか?

神経を残すのか?(自費的治療を含む場合もあります)

永遠のテーマだと思います。

 

都度状況によって、いったん治療を止め相談いたします。

迷われることもあるとは思いますが、一度相談させてください。

治療は二人三脚だと思います。

 

 

 

 

2021年10月31日

根っこの治療について。

 

虫歯で痛くなり歯医者さんに来られました。

虫歯が深く神経を取ったり、根尖(根の先)部分に感染が起きたりして治療を始めました。

いわゆる、根の治療です。

針のような道具ファイルでゴリゴリと掃除をする例のやつです。

途中ズキッとかチクンとか嫌な感じがするやつです。

 

痛みもないのにまだやるの?

歯医者時間かかるし。

 

とおもい、数月通うのを忘れると・・・・。

 

歯の構造は、外側が硬く虫歯になりにくいです。

でも内側の象牙質と呼ばれるところは柔らかく虫歯になりやすいです。

 

そう、内側から虫歯になり、卵の殻のような状態になります。

内部が黒く虫歯になってしまいます。

 

 

 

残念ながら、顎の骨より下の虫歯は抜く場合が多くなります。

その時は時すでに遅し、抜歯になってしまいます。

 

 

 

 

これってすごく損なのです。

時間も、お金も、将来性も。

 

治療のスタート時に『何回ぐらいで』『何日ぐらいで』『(金額)いくらぐらい』とお話しします。

治療は二人三脚。

歯医者が治すのではなく。

歯医者は治すのをお手伝いする仕事です。

 

もし、急用や出張など来れない場合は教えてください。

 

色々と手はあります。

そういった相談は必ずいい方法などを考えます。

相談はどんどんしていただけるのがありがたいです。

 

また、しばらく行くの忘れてたから行きにくいや。

も全然ありなのです。

でも来てください。

昔は『怒る』先生もいましたが、現代ではいないです(はず)。

 

一緒に治療の方法を考えましょう。

治療は二人三脚です。

一緒にゴールめざしましょう。

 

1 2 3 4 5 6 13