ブログ|浦添市港川で歯科をお探しの方はフジ デンタルクリニックまで

098-875-4473
〒901-2134
沖縄県浦添市字港川254番地 ピーズタウン内
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー

2022年8月23日

先日も蹴られてきました。

フジデンタルクリニックでは、格闘技用のマウスピースの製作を行っております。

その中でキックボクシングの選手とお付き合いができ、スポンサーとしての活動もしております。

その一環として沖縄格闘技TVを主宰し健全育成を目的として活動しています。

難しい話は横において、今回も蹴られてきました。

スポンサーさんが蹴られる理由がわからないと言われますが、みんな笑ってくれます。

 

そんなわけで今回も取材でしたが、大会前という事もありピリピリとした空気。

コーチの大雅先生もいつもとは異なり厳しい目つき。

これが本物の空気。

いつもニコニコの大雅先生、下地兄弟。

選手の集中力、気合を垣間見ます。

どっちかと言えば、場違いな雰囲気。
そっと遠くから隠し撮りのように撮影。

緊張感。

 

 

こっそり、邪魔にならないように。

 

 

練習修了。

 

大雅先生が優しい目つきになる。
僕は、ホッと一息。

てかこええええよ。

 

こんなぴりつく空気の中、おっさん蹴られたわけでして・・・。

ほんと無理言ってすみません。

しかし、

すげぇえ痛かったわけです。

撮影3日後の今日も痛いわけで。

足を引きづってる次第。

選手の忍耐力、精神力、集中力・・・すさまじいものを感じました。

 

感謝

おっさんは足を引きづる。

 

 

 

 

 

2022年8月10日

 

那覇コロナ検査センター

やっとここまで来ました。
何も始まっていませんが、スタート地点まで来ました。

 

1年以上前、コロナウイルスPCR検査は有料だった。
僕は無料化したいと言って、言いまくっていた。
政府の方針で無料化になった。
(別に僕の発言は関係なくねw)

 

患者さんやスタッフの安全のために簡単に検査できたらいいなぁと思い、PCR センターを立ち上げる計画たてた。
色々なチャチャや横やり、反対意見など沢山あった。
ある先生には電話口で、『歯医者のやる事じゃねぇー』と怒鳴られたこともあった。
何やかんやで、衛生検査所として那覇市に登録された。
本当にいろんな方に感謝。でもまだ無料検査になっていない。

 

 

そこから半年以上。
交渉に交渉、アイデア、意見いただく。
感謝しかない。

 

 

やっと本日、無料PCRセンターとして沖縄県HPに登録になりました。

 

8/10から運営開始です。

 

営業時間

 

◎ 火・水・木・土
11:00~13:00 16:00~21:00
(受付18:00まで)
◎ 日・祝
11:00~13:00 15:00~18:30
(受付16:30まで)
※ 受付時間にかかわらず定数を満たした場合にはお断りする場合があります。

予約専用電話番号
090-6868-1807

 

今年の目標の一つが始動しました。
覚えていただければ幸いです。

2022年8月6日

2022年の目標は3つありました。

1: PCRセンター
2: Youtube
3: スタッフ増員

 

その2番目 Youtube がすこーーしだけ形になりつつあります。
と言っても医療系のYoutubeではなく、格闘技。

キックボクシング。

 

色々あり、現在では沖縄を代表するジムであるライオットジムさんとお付き合いさせていただいております。

一緒に仲山大雅氏、ライオット会長とTVCMさせていただいております。
このお二方には感謝しかありません。

一緒に食事をしたときに、沖縄のキックボクシング選手はチャンスに恵まれていないと聞きました。

大きな大会のほとんどが東京で開催されています。
地方大会でも、名古屋、福岡、仙台、大阪とあります。

沖縄からの遠征では、交通費、宿泊費がネックとなると聞きました。

大会に参加したくてもそこの部分で躊躇するそうです。

僕はいろんな選手にマウスピースを作っています。
プロアマ問わずです。

 

とやかく言うことなく、キックボクシングが好きです。

コロナ前の2019年にはバンコクまで見に行くぐらいに。

選手や関係者みんなの力で遠征費や大会費用があればチャンスが増えるのではないかと思っていました。

そこで思いついたのが、2番目のYoutubeでした。

自分たちで自分のことをアピールすればいいのかと。

 

音頭は僕がとろうと思い、チームを作り準備しました。

 

その第1弾が仲山大雅編です。

 

そして本日第2弾として

悪魔と呼ばれた男~伝説のライオット編~が完成しました。

 

 

1年ぐらい後に収益化すればいいと思っています。

その収益はすべてアマ、プロ問わず大会や連盟に還元できればいいと思っています。

このお金が1000円でも2000円でも選手がチャンスをつかめるきっかけになればいいと思っています。

 

 

目標は 『沖縄格闘技TV』からMVP選手を選び、遠征費を出すことです。

ご迷惑かとは思いますが、選手やジムの皆様のことを思い登録していただけたら幸いです。

 

沖縄格闘技TV 主催 藤垣

#沖縄格闘技TV #沖闘TV

 

 

 

2022年7月27日

コロナ感染症が増えていますが、今回はあえてサル痘のお話です。

 

サル痘てどんな病気?

サル痘ウイルス(Monkeypox virus)によって感染します。

発熱や発疹、リンパ節の腫れなどが見られる。

致死率は低い。

潜伏期間は7日~21日程度。

人から人への感染はまれではあるが、体液や飛沫などで汚染された寝具などにより感染があり得る。

 

少し調べてみました。

1970年代にザイール(コンゴ共和国)で初めて報告されました。その後はアフリカを中心として発生し、アフリカの風土病として認知されてきました。

日本では現在のところサル痘における感染者の報告は2022.7.25に1症例となっています。

アジア県内で発生が非常に少なく、日本で1症例のみとなっています。

(今後の増加については不明です。)

WHOは7/23に『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』と宣言しました。これは2020年に新型コロナウイルス感染症に対して出されたものと同様です。

 

WHOの見解として緊急事態とありますが、サル痘は比較的コントロールしやすい感染症と考えられます。それは天然痘ワクチンが有効(85%以上)とされているからです。

ウイルス研究者の間では1974年以前の出生者は天然痘ワクチンの予防接種を受けているため殆どの割合で発生予防効果があるとされています。

天然痘ワクチンによって約85%発症予防効果があるとされています。

 

僕は1977年生まれで予防接種を受けていません。

 

国内では天然痘ワクチンは製造されていますが、バイオテロなどの緊急事態が起きたときなどを含めた備蓄用とのことです。

サル痘の予防接種ワクチンとして認可が下りるかは不明です。

(サル痘では国内利用可能な薬事承認された治療薬はありません。)

 

国内で発生がありましたが、日本の医療は十分に対処できます。

ワクチンに関しても、研究に関しても最先端を行っていると思います。

正しい知識をつけインフォデミック(不確かな情報の流布)が起きないように冷静に対処するころが一番だと思います。

2022年4月28日

三浦瑠璃さんが『脱マスク』に関してコメントをツイッターやTVなので発信しております。

僕は、すごく細かく見ているわけではないので情報不足や見当違いの発言があったら指摘をお願いします。

素材の問題などもあるでしょうが、マスクの有効性は非常に高いと信じています。

これを疑っている医療従事者はいないと思います。

日本が誇るスーパーコンピューター『富岳』のシミュレーションでもマスクの効果は非常に有用とデータとして出ています。
科学的根拠といったところでしょう。

また、Lancet Public Health掲載論文によると『マスクの着用が、経済的な点でも損失を小さくする』といった非常に興味深い論文があります。

 

本当に色々と意見はあると思います。
2019年以前のような生活がしたいですし、マスクに関しては自由でした。

しかし、

自らを守るだけではなく、家族や他者を守ることを思って行動をとりたいと僕は思います。

コメンテーター氏の意見はどうも腑に落ちない感じがしてブログにいたしました。

読まれた方ご意見があればください。

 

1 2 3 4 5 6 19