ブログ|浦添市港川で歯科をお探しの方はフジ デンタルクリニックまで

098-875-4473
〒901-2134
沖縄県浦添市字港川254番地 ピーズタウン内
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー

2024年3月21日

歯ぐきにニキビができたという話を聞きます。

 

『自分でつぶしたよ。』
こんな会話もあります。

 

歯医者さんはこの一言で色々考えます。
サイナストラクト、フィステルなどを疑います。

 

これはれっきとした病気で、結構危険。
簡単に思えるけど、後々に歯周組織の破壊につながり、抜歯につながる可能性を示唆しています。

 

では、サイナストラクト、フィステルとは何?
これは瘻孔と言い、立派な歯科疾患です。

 

これをまとめてみました。

 

根尖性歯周炎による歯ぐきのできもの(サイナストラクト)は、口内炎のような粘膜の病気ではないため、放っておいても自然に治ることはありません。
根っこの先にできた膿の袋は、周囲の骨を溶かしながら徐々に大きくなっていくため、最終的には抜歯に至ってしまうケースもあります。

 

体の中(歯の根っこの部分)と外側が交通しております。
歯周組織の破壊が起きているのです。

 

放置していたらどうなる?

 

この膿の部分が次第に大きくなり、隣の歯に侵食していきます。

最終的には・・・歯を失うことになります。

 

歯科領域での病気は本当に小さく狭い世界です。
たかが1センチにも満たない世界で、色々な細菌が悪さをして、身体を破壊しています。

人間ドッグで肺や胃などに黒い、小さい影があったとします。
やはり、心配で治療しますよね?

 

僕は糖尿病になってしまい、現在も治療中です。
体が発した、小さい信号を見逃して放置した結果、糖尿病に至りました。

 

健康は財産です。

たかが歯、されど歯。
でもでもでも歯は歯。
健康の入り口だと思います。

 

今回サイナストラクトについて語りましたが、もう図を見てください。
図一つで分かることが多いと思います。

 

今回患者様資料として図版は【歯科医師向け歯科業界サイトwhitecross】様よりお借りいたしました。

 

2024年3月13日

先日のオペ後の消毒。

非常にきれいに傷口が治りかかっている。

インプラント手術は『怖い』『痛そう』そんな風に思われる。

数年前までのシステムでは実際そうでした。

しかし、今回のインプラントシステムでは全くと言っていいほど綺麗。

あとはしっかりと骨になじむのを待つばかりです。

2024年3月12日

大学時代、勤め人時代と色々インプラントににかかわらさせていただきました。

もちろん手術だけではなく、インプラント自体の基礎研究にもご縁があり参加させていただきました。

 

2024年になり、患者様からの希望も多数あり、またインプラントシステムの向上といった技術革新もあり、当院でもインプラント治療を始めております。

インプラントメーカーは本当に数多くあり、すべて把握するのが困難なぐらいです。

大学職員じだいに扱わせていただいたものよりもかなり、進化したシステムだと感じました。

 

今回のインプラントは、極力痛みがなく、スピーディーに手術が終わり、天然歯のように美しく、しっかりと食事ができるものと信じています。

今回のデンティウム社のインプラントシステムを指導していただきました、町田先生に非常に強い感謝を述べたいと思います。

半日で3名の手術が余裕をもって終了しました。

 

これは驚異的に早いと感じました。
(早い=患者様の負担が少ないと考えてください。)

すべては患者様のために。

 

2024年2月8日

歯を失くことを欠損といます。

フジデンタルクリックではこの欠損に対して、今までは3つの選択肢を提案してきました。

 

 

①そのまま

 確かにそのままでも人は生きていけますが・・・。

 7番と呼ばれる最後臼歯がなくても人は生きていけますし、審美的にも見えないので気にはならないのですが、咬み合わせの崩壊につながるかもしれません。

前歯など見えるところだったら・・・。

やはりそのままはよろしくないと思います。

 

 

②入れ歯

 左右の歯を極力加工しない方法です。

 残念なことに、審美性や機能性などは非常に劣るものという認識です。

 保険と自費の2種類があり、共に一長一短と言ったところでしょうか・・・。

 

 

③ブリッジ

 左右の歯を加工し橋にします。

 神経を残してブリッジを作る場合もあります。

 左右歯を傷つける行為は、歯牙としての寿命が短くなる恐れもありますが、一般的な治療方法と言えます。

また、保険の金属、保険外のジルコニアセラミックといった選択肢により寿命の長短も出てくるのは事実です。

 

 

④インプラント

 失われた歯牙(部分)に人工歯根を埋入し、天然の歯との差異がない状態を回復させるための治療です。

10年後の寿命は99.8%と言われております。

インプラントが現れて半世紀ほどたちますが、現在の保険治療ではまだ認められておりません。

このため、自費診療のみとなります。

当初、折れる、寿命が短い、手術が痛い、高額なだけ。などトラブルが多くありました。現在では統一された規格、簡便なシステム、技術の発展、など改良がなされおります。

高額というデメリットはありますが、口腔内におけるQOLの向上に寄与していると思います。

 

 

 

では、僕の見解です。

元々インプラントには若干の否定的な部分がありました。

それは、上記にも記したようにインプラントの不良が非常に多かったことです。

微妙な話にはなるのですが、インプラント埋入(打つと表現します)、後のメンテナンスや不具合に対して何もしない医院もあったかと思います。

つまり、ウチッパナシ。

このことにより、暴利なイメージも強かった時代もありました。

事実、院長の周囲(大学病院)では、インプラント除去ばかり行っていました。

せっかく高額な治療をしたのに、数年で除去。

患者さんに負担をかけ、除去。

インプラントを埋入した歯科医院が閉院。

患者さんが迷子。

まったくもって不可解に感じていました。

しかしながら、近年は技術の向上、素材の向上、統一、など素晴らしい改良がなされてきています。

僕はこのような時代の変遷を含めて冷静な目で判断させていただき、インプラント治療という選択肢を当院で採用しようと思いました。

難しい話は、さておき。

興味のある方は一度、フジデンタルクリニックにお問い合わせください。

2024年1月18日

僕も、人である。

歯医者だから虫歯にならないわけではない。

そんなことゆえに、数年前に治療した。

でも、行く歯医者さんがなかった。

だから、自分で治療した・・・。

自分で麻酔して、自分で削ったよ。

多分同業者にはあきれられる。

そんな金歯が取れた。

台湾旅行中・・・。

もうなきそうになった。

2024年スタートはこんな感じでした。

1 2 3 4 5 6 7 28