ブログ|浦添市港川で歯科をお探しの方はフジ デンタルクリニックまで

098-875-4473
〒901-2134
沖縄県浦添市字港川254番地 ピーズタウン内
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー

2023年7月22日

※例のごとく、文章が長いのでの動画にしました。
そっちでも同じことを言っております。

 

 

歯科と切っても切り離せない銀歯。

銀色だから銀歯。

 

正式名称(?)『歯科鋳造金銀パラジウム合金』
通称キンパラ

 

組成
金:12%
パラジウム:20%
銀:50%
銅:20%
その他数%

 

今回は『パラジウム』です。

 

パラジウムはロシアと南アフリカが世界に2大産出国です。
ロシアは世界の40%を占めているそうです。

 

戦争のせいもあり、このパラジウムと金が高騰しています。
その結果

 

歯科用金属が値上がり。
保険点数が上がり。
患者様の負担になります。

 

横に少しそれましたが、値上がりの話ではなくこの『パラジウム』の毒性の話です。

 

歯科用金属の中に含まれる『パラジウム』は『ニッケル』『コバルト』と共に金属アレルギーを引き起こしやすいことは有名です。
感作率38%と最も高いことが有名です。

 

『パラジウム』は唾液に溶け、イオン化した金属が血流に流れ込み体内に影響を及ぼすことがあります。

ドイツでは、妊婦や小児に歯科治療で『パラジウム合金』などが禁止になりました。

スウェーデンでも、『パラジウム合金』は妊婦と小児には完全に使用禁止です。

 

ここで確認です。

 

銀歯を入れられている方は確認してください。

 

金属と接している、歯ぐきが黒くなっていませんか?
これはメタルタトゥーと呼ばれるものです。
イオン化した金属によって引き起こされています。

 

まさしく健康被害の一歩だと感じます。
普通、ピンク色の歯ぐきにこんな色のものありませんよね?

 

保険治療で認められている普通の素材です。
実は僕の口の中にも、僕の両親の口の中にも入っていました。
僕の歯ぐきも、メタルタトゥーがありました。
現在はハイブリッドレジン素材やセラミック素材などに変更しました。

 

僕は保険医です。

 

保険治療は素晴らしいものと思います。
我々日本人に向いているシステムだと思います。
今回の主題のことは、時代の変化とともに、解明され解ったことだと思います。

 

しかし不足している部分も否めません。

 

当院は極力金属を使わないメタルフリーを心がけています。
保険で使える、ハイブリットレジンの歯もあります。
何年も使用していますが、素晴らしいと感じています。

 

もちろん、保険が適応できな部分もあります。
保険診療には明確に(厚生労働省が)認める素材と認められない素材があります。
治療に関しても同様です。

 

メタルフリーのメリットは大きいです。
しかしデメリットもあります。

 

ジルコニアセラミックという素材があります。
どの歯科院の先生もいい素材というでしょう。

 

審美性
耐久度
質感

 

全てにおいて僕はパーフェクトと思っています。

 

しかし原則保険外です。
このため自由診療となり治療費が高額になります。
ジルコニアを保険適応にしてほしいと思います。

 

本当に熱望します。

 

色々課題はあるとは思いますが、僕たちの健康には替えれません。

 

健康は財産です。
全ての人が持つ至上の財産だとおもいます。
メタルフリーとはこの財産を確保する重要な考え方だと僕は思います。

 

 

金属アレルギーで悩まれている方。
もしかしたら?とおもわれるかた。
メタルタトゥーが気になっている方。

 

一度、お暇な時に相談に来てください。

院長

 

2023年7月20日

先日珍しい症例を見させていただきました。

『唾石』です。

唾石とは何ぞや?という事で少しだけ紹介。

 

唾石(だせき、: salivary stone)とは、唾液腺内部や唾液を分泌する管内に生じることがある結石である。なお、この唾石ができたために起こる疾患を、唾石症: sialolithiasis)と呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%BE%E7%9F%B3

ということでウイキペディアからパクりましたすみません。

 

唾液の組成は99.4%が水です。
その他に有機成分と無機成分があります。

ついでなので唾液の話として、唾液の組成を記しました。

 

1. 水

2. 有機成分
  唾液アミラーゼ、マルターゼ、血清アルブミン、血清グロブリン、ムチン、尿酸、尿素

3. 無機成分
  Na、K、Cl、重炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、リン酸ナトリウム

4. その他

 

この中の炭酸カルシウムが唾液腺の中で固まった物を言います。

 

というわけで本日摘出手術を行いました。

流石に術中の写真はありませんが、除去した唾石を紹介します。

ん?と思うサイズですが、これが唾液腺内部に存在しゴロゴロとしていることを想像していただきたい。

結構なストレス。
違和感。

今回舌下腺の開口部(舌の下の唾液が出る部分)にあったため切開は僅かでした。
しかも、舌下腺の中でゴロゴロ動く。
結構大変です。

なんとか摘出。
後日消毒となり、経過観察いたします。

 

なじみのある『歯石』とは異なる石灰化物です。

フジデンタルクリニックはこのような小手術も行っております。
気になることなどがありましたら、相談にいらしていただければ幸いです。

あまり口腔のことで悩まないでください。

すっきりとしましょう。

健康が一番です。

 

 

院長

2023年7月18日

糖尿病確定診断。

一週間、糖質制限をしております。

現在 

ふーーー。

俺、最高!

下がってきてるやん。

蕁麻疹消えないけどね。

2023年7月11日

2023年7月11日

色々考えると、2022年12月頃は体重が85㎏とかあった。

その後、なんか蕁麻疹出るなぁー。
手足がかゆいわー。

とか、お気楽に考えていた。

まぁ男性更年期の年頃だし、そのうちおさまるだろう。
30代の頃はストレスで蕁麻疹が出ていた。
その時に、レスタミン錠を覚えた。

眠たくなるから、アレグラでいいや・・・。

と飲むこと半年。

これはなんかやばいと思い。
皮膚科に行く。

結局アレルギー検査をしただけ。
元々あった『ホコリ』『ネコ』『花粉』などはあった物の普通。

んでもって人間ドックに行く。

嗚呼、血糖値測定で340 mg/dL

そら、この痒みも違和感もけだるさも・・・。

これやん。

確定!

ビビる僕。

体質改善します。
近いうちに糖尿病の内科に受診しなければいけない。

1 2 3 4 5 6 7 8 26